美白のためにできることは?

シミを作らない、増やさないための対策

ふと鏡を見て、うんざりすることありませんか?
知らず知らずのうちにできてしまった頬のシミ。
消そうと思っても中々消えず次々と現れるシミ。
年齢を重ね、年々増え続けていくシミに抗う術はないのでしょうか?

シミを消す対策として、なぜシミはできるのかについて知っておくことが大切です。

シミの発生はまず、加齢による「肌老化」から始まります。


年を取り皮膚の細胞が衰え始めると、代謝が悪くなりメラニン色素が
皮膚にたまりやすくなります。

そこに紫外線や炎症などによる外部からの刺激を受けると、
肌を守るために表皮の一番下にある黒いメラニン色素を持った細胞が
活性化します。メラニン色素は沢山放出されます。そして黒い層が
出来上がります。その層がシミです。

元来メラニン色素は、紫外線から肌を守るために作り出される細胞ですが、
必要以上に生産されることによって私たちの肌にシミという悪者になって
表れるのです。

そして、メラニン色素が皮膚の角質層に溜まることでまた新たにくすみと
いった悩みが引き起こされ、見た目の老化にも繋がっていくのです。
ニキビ跡の色素沈着には原因に合わせたシミケアを

よって、シミを作らない予防法として「紫外線」の防止することが大切です。
紫外線を浴びることでメラニンが増加するのであれば、まずは紫外線から
肌をしっかりガードしてあげることが何よりも重要となってきます。

シミのメカニズムが分かったところで本題である「シミ対策」について
お話します。

実はできてしまったシミには消せるものと消せないものがあります。
シミにもいろいろな種類がありますが、できたばかりのものやできつつある
シミは消すことが可能なんです。

まだざらつきや厚みのない妊娠期や更年期にできる肝斑や、老人性色素斑と
いったものはシミの層がまだ浅いので、美白化粧品を使用することで
メラニン色素の発生を抑制することができ効果的です。

消せないものは、脂漏性角化症といったざらつきや厚みのあるシミです。

メラニン色素を持つ細胞が皮膚上で厚くなってしまった頑固なシミには
美白化粧品を使用しても効果がありません。
その場合は、ハイドロキノンやレチノイン酸などの外用薬や内服薬の処方、
レーザー治療などの医師の治療を受けることでシミを消すことができます。